▼2015年

新作 Paperipillin himmeli の続き 〈 ヒンメリキット

オリジナルヒンメリキットです

 

このカラフルなプリントのペーパーストローで作るヒンメリキットを準備しています。糸や糸通しなども入っていて気軽に作ることが出来るキットです。まずはワークショップ時に販売予定です。お楽しみに!

■ペーパーストロー材質:紙(生分解可能)
■プリント:Soy based ink(食べても安全な大豆由来インキ使用)              20150617

 

 

新作 Paperipillin himmeli aino

ペーパーストローヒンメリ アイノ®

ペーパーストローとマスキングテープで作る、himmelin-aikaオリジナルのヒンメリです

 

かねてよりヒンメリのワークショップにご参加の多くの方から、「子どもと一緒に作れたら楽しいのに」とご要望をたくさん頂いておりました。麦わらを素材にしますと繊細な作業を要求される場面もあり、もっと気軽に作って頂ける素材でなおかつお子さんの想像力を刺激し、ものを創りだすことの楽しさを体験できる内容を考えていました。

 

素材に「紙」を選んだのは、本来のヒンメリに使われる麦わらと同様にいつかは土に還るものだったからです。ナチュラルでモダンな雰囲気の伝統的ヒンメリとはイメージが変わってカラフルで元気いっぱいのヒンメリが誕生しました。ペーパーストローにマスキングテープを自由に重ねオリジナルストローを作りヒンメリにしていきます。マスキングテープは、カモ井加工紙株式会社さんの「mt」を使用しています。テープの

アレンジは無限に組合せが可能ですから、世界にたった1つのオリジナルヒンメリを作ることが出来ます。

 

ものづくりを通してお子さんと一緒に楽しめるクラフトワークです。このヒンメリを夏休みなどの自由研究にいかがですか。ワークショップでは本国の作家との交流の中から得た情報をお伝えすることも出来ます。

 

※カモ井加工紙株式会社さんより、作品およびワークショップでの「mt」使用のご容認を頂いております

 

お披露目もかねて8月、函館蔦屋書店さんにてワークショップ開催が決定しました!

                                               20150615

 

 

2015年の麦作りが始まりました

育っています

 

4月下旬に蒔いた麦はもう8センチほどになっています。風でひらひらと揺れる可愛らしい姿を眺めていると、今年もいよいよ本格始動の季節なのだと実感します。地力維持のための輪作をし、2年ぶりに麦を蒔いた土壌です。試行錯誤は続きますが、輪作のおかげで美味しい北あかりを2年続けて収穫出来ました。畑仕事とは全く無縁だった自分がヒンメリと出会い、ジャガイモまで作ることになるなんて思ってもいませんでした。 畑作りの先生をはじめ、たくさんの方々に助けられて今年も麦作りを続けることが出来ています。

 

4月5日はPääsiäinen(イースター)

                                                     
                                                     

4月に思うこと

 

フィンランドの作家さんEijaを取材するために訪れたのはちょうどイースターの季節。黄色いスイセンやネコヤナギの枝、うさぎやひよこの置物がイースターの象徴として窓辺などに飾られ、Bulevardi通りにあるこの「 Ekberg エクベル 」でもテーマカラーの黄色と黄緑色に彩られたディスプレイで見る人を楽しませてくれていました。  Eijaの住んでいる街では麦わら細工を数多く展示している所にも出向き、昔から作ら

れているヒンメリのデザインや麦わらの装飾品を取材しました。

 

最近のトレンドなどについても自分で情報収集を常に行い、フィンランドスタイルを学んでいます。3月に開催致しました代官山 T-SITE でのワークショップでお作り頂いたウッドビーズを用いたヒンメリのデザインも、独自にアレンジを考え企画したものです。 そのアレンジによく似たデザインをサンプルとして紹介し、ご自身のワークショップをされるという情報を目に致しました。代官山のワークショップにご参加頂いた方だったのでしょうか。「ウッドビーズ」も「麦わら」もさらに私がワークショップで使用している素材全ては、既にこの世の中にあるものです。ただ、その組み合わせのアイデアは制作者のオリジナルです。

 

生み出す作業はつねに孤独です。でもこのプロセスが最も重要で大切なことだと思っています。私はこれからも独自のスタイルで作品を作り、ワークショップを企画していきます。

 

いまも新しいワークショップの企画に取り組んでいます。とても楽しい内容になると思いますので、ご期待下さい。 この春もたくさんのチャレンジが始まります。

 

 

代官山 T-SITE GARDEN GALLERY

 

沢山の素敵な出会いがありました。

 

クラシカル&ナチュラルモダンをコンセプトにヤマハ電動アシスト自転車「PAS minä(パス ミナ)」という、北欧テイストデザインが魅力の新商品が発売となり、3月13日より3日間記念イベントが開催されヒンメリワークショップを致しました。

 

会場ではStudio101の斎藤志乃さんがPAS minäと北欧雑貨などをアレンジしたストーリーを感じさせるとても素敵なディスプレイがお客様をお出迎えしました。

私のヒンメリ作品も4点ほど展示し、フィンランドのハンドクラフトをご紹介致しました。初めてご覧になる方も多く、素材の麦わらを触って頂いたり

ヒンメリについてお話しをさせて頂いたりしました。今回は色々な方にブログ上でご紹介頂きとても嬉しかったです。そして、ワークショップにご参加頂いた皆様ありがとうございました!

 

このイベントでの経験は、私にとって

特別なものとなりました。またいつの日かお目にかかれますことを楽しみに

しております。 Kiitoksia paljon!!

 

Workshop

写真提供:SUU
写真提供:SUU

午前午後ともに定員となり、この日はワークショップのためだけにお店を開けて頂いて、素敵な空間を独り占めでヒンメリ作りを楽しんで頂きました。

 

いつも嬉しく思うのは、ご参加頂いた方々がすぐに打解けて会話が弾み、とても和やかな雰囲気になること。今回は完成したマリマリを並べ皆さんで記念写真を撮っていらっしゃいました。

フェルトボールや糸の色などを思い思いにアレンジが出来るこのワーショップならではの、個性が光るデザインを毎回たくさん見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップにご参加頂いた皆さま

ありがとうございました!

 

 

 

2月25日SUUさんで、今年初めてのワークショップが行われました。

 

 

Christmas exhibition in Stary Browar.

ポーランド ポズナンにある「 Stary Browar 」

 

ポーランド最古の都市の一つで、夏至の夜に数千のランタンを天空に飛ばす祭り「聖ヨハネ祭」で有名なポズナンにある商業施設「Stary Browar」。2014年のクリスマスのテーマがヒンメリで、私の作品を写真で紹介したいと連絡がありました。このStary Browarは「伝統は芸術のように」という信念のもとでポーランド独自のクリスマスの装飾・展示を行っていて、このプロジェクトは本国だけではなく、海外でも賞されているショッピングモールだそうです。頂いた資料を見て、装飾の規模やイベント内容のこだわりに驚きました。「世界の違う国からやってきたモダンHimmeli」の特例として私の作品を紹介したいと言って下さいました。1月6日まで展開していた館内の様子が先日送られてきました。交流のあるフィンランドの作家さんEijaと私の作品紹介が両サイドに並びました。嬉しいサプライズで2015年がスタートしました。

 

作品写真と一緒に送ったメッセージ
作品写真と一緒に送ったメッセージ

Hello, my name is Mutsuko Yamamoto.  

I am a Himmeli Artist from Japan, designing and creating the traditional Finnish decoration items of Himmeli.  


I reside in Sapporo, the northernmost populated city in Japan with the affluence of nature.  
As such, all my works of Himmeli are made of rye seeds, of which the plants are all cultivated by myself.  
As I do pay utmost respect towards the traditional craftworks of Finland, I truly believe that producing the works of Mobile Himmeli by making use of such natural material, will certainly demonstrate

thetruehearted beauty of them.


I am extremely excited and honored that my works

of Himmeli can be introduced in Poland,

far away from my homeland.  
Please accept my sincere and utmost appreciation

for viewing my works.  A-RI-GA-TOU!  日本語

Courtesy of
Stary Browar ("Old Brewery"), Poznan, Poland.
www.starybrowar5050.com

 

Thank you so much Łukasz !
I am grateful that you have given me this kind of opportunity.

 

写真提供:Stary Browar 

※上記写真全ての著作権は、Stary Browar に帰属しております。

  無断で使用(複製・送信・頒布等)することは禁止します。

 

▼2014年

トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜 北海道立帯広美術館

生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜 

 

フィンランドの風景を思いおこすようなロケーションにある帯広美術館。オープニングレセプションではフィンランドの伝統楽器カンテレの奏者あらさんによる演奏もあり、とても素敵な時間を過ごしてきました。この展覧会はフィンランド国立アテネウム美術館で開催された回顧展を日本向けに再構成されたもので、400点を超す作品が展示されていて本当に見応えのある素晴らしい展覧会です。

 

ワークショップにご参加頂いた皆さま

ありがとうございました!

 

 

 

12月14日に行われたワークショップでは、ヒンメリ作りの後でフィンランドのクリスマスについて、イブの過ごし方やお料理のことなどむこうで体験してきたことをご紹介するお話し会もありました。フィンランドスタイルで楽しむティータイムでは皆さまに喜んで頂けてよかったです。赤いタッセルがついた伝統的なデザインのヒンメリ、クリスマスを迎えるお部屋に彩りを添えておりましたら嬉しいです。 Hyvää joulua!

 

生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜 

期間:2014.12.13-2015.2.15   09:30-17:00

会場:北海道立帯広美術館 帯広市緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園 

 

 

札幌芸術の森 工芸館 「クリスマスアート展2014」

会場のヒンメリ

 

先日行われたワークショップで終日会場に居りましたので、展示されているヒンメリをゆっくり見る時間もありました。とても広い空間に点々と飾られたヒンメリはどれも美しくライティングして頂き、壁におちる影もとても印象的です。会場では不思議そうに見上げていらっしゃる方々もいて、ヒンメリについて少しご紹介をさせて頂いたりもしました。18日(木)は2回目のワークショップです。当日ヒンメリについてご質問などありましたら、お気軽にお声がけ下さい。

 

ArabiaやIittala Vuokkoなど、館の収蔵品も展示されていてフィンランドの様々なデザインを楽しむことが出来ますよ。

札幌芸術の森 工芸館

芸術の森 クリスマスアート展2014

 

札幌芸術の森 工芸館にて11月22日(土)より開催されるクリスマスアート展。 今年はフィンランドにスポットを当てた企画ということで、会場に私が制作したヒンメリが展示されることになりました。搬入前の作品たちが今この空間を埋めています。天井高6mほどの工芸館会場、どのような展示構成になるでしょうか。

 

今回フィンランドで古くから作られているモデルやオリジナルで創作したヒンメリなど、デザインの異なる作品が13点ほど展示される予定です。麦わらのつややかな光沢、ゆったりとまわる姿や複雑に変化し現れる影などヒンメリの魅力を実際に感じて頂けましたら嬉しいです。期間中12月6日(土)・18日(木)には、ヒンメリのワークショップも開催されます。 冬景色が美しい芸術の森へ、ぜひお出かけ下さい。

 

芸術の森 クリスマスアート展2014
期間:2014.11.22-12.25   09:45-17:00

会場:札幌芸術の森 工芸館展示ホール 入場無料 札幌市南区芸術の森2丁目75番地

 

2年越しの思い

ショップのクリスマスディスプレイ
ショップのクリスマスディスプレイ

 

クリスマスの麦わら

 

Webサイトを開設した2年前、「麦のお話し」でも書きましたが細い麦わらを使って繊細なヒンメリを作ること、そしてフィンランドで見た麦わら細工オルキプッキなども作ることが出来るようになったら楽しいなと思っていました。

 

本格的なものを作るには、やはり沢山の麦わらが必要となります。試行錯誤の麦作りですが、量を確保出来るようになってきました。当初の思いがようやく形になり、イッタラ銀座さんにてオルキプッキのワークショップを開催致します。

フィンランドの可愛らしい麦わら細工
フィンランドの可愛らしい麦わら細工

ところで、なぜクリスマスの装飾品に麦わらが使われるのでしょうか。昔々フィンランドに限らず北欧の国々では新しい年を迎える節目を冬至とし、太陽の再生を祝いお祭りをしていました。麦わらには実りをもたらした精霊が宿ると信じられ、お守りとして家の屋根や玄関に麦の穂束を下げたり、翌年の豊作を祈って麦わら細工を作りお家に飾ったそうです。この頃はクリスマスマーケットで購入し飾られている方も多いとは思いますが、昔からの習慣は今も続いています。

 

この冬のワークショップでは、作りやすくアレンジしたヒンメリやオルキプッキをお作り頂こうと思っています。

 

お道具

 

ワークショップのために

 

新しい内容のワークショップを企画し、そのために布が必要となりました。せっかくなのでヒンメリをグラフィック的にアレンジしたオリジナルの手ぬぐいを作ってみました。フレームに入れるとインテリアのアクセントにもなり、手ぬぐいも色々な楽しみ方がありますね。ワークショップでは、もの作りはもちろんですがお使い頂く道具もチャーミングなものを揃えて、楽しい時間をお過ごし頂きたいなと思っています。

 

 

ワークショップにご参加頂いた皆さま

ありがとうございました!

 

 

 

10月4日 i GATE IKEUCHI asahikawa 森の間カフェにてヒンメリワークショップを開催致しました。わざわざ札幌からご参加を頂いた方もいらして、恐縮してしまいました。ヒンメリをたくさんの方々に知って頂けること、フィンランドの手しごとをご紹介出来ることにとても喜びを感じます。

 

これからクリスマスシーズンに向けさらに色々な街でワークショップを行う予定です。麦わらの感触を楽しみながらのヒンメリ作りをこの冬ぜひご体験下さい。

 

 

旭川 森の間カフェ

iGATE IKEUCHI asahikawa 森の間カフェ

 

フィール旭川の3Fにあるアウトドアブランドのセレクトショップとアクティビティーサービス、そしてCAFEを融合した「iGATE IKEUCHI」。

 

この森の間カフェは、下川町産の木材を使った器やテーブルが並びナチュラルでとても心地良い空間です。8月初旬よりエントランスにヒンメリが2つ飾られています。10月にはこちら森の間カフェにてワークショップが開催されます。詳しい内容はWorkshop Newsをご覧下さい。

 

6月のワークショップ

 

ワークショップにご参加頂いた皆さま

ありがとうございました。

 

6月13日・14日イッタラGINZA、翌週22日には網走にある北海道立北方民族博物館にてワークショップが開催されました。

 

イッタラさんではインテリア雑貨的マリマリを、北方民族博物館では伝統的なヒンメリをお作り頂きました。フィンランドではJuhannus(ユハンヌス 夏至)のお祭りにもヒンメリを飾っていた地方もあるそうで夏至の翌日22日の講習会では麦のお話しやヒンメリの歴史などもご紹介致しました。

 

2つの街でたくさんの方々と出会うことが出来ました。おひとりおひとり表情の違うご自分だけのヒンメリを完成させていらっしゃいました。お家ではどのような空間に飾られていますでしょうか。ゆったりと揺れるヒンメリをどうぞ楽しんで下さい。

 

これからもヒンメリはもちろん、フィンランドで見られる麦わら細工などもご紹介出来たらと思っています。

 

またの機会、皆さまにお目にかかれますことを心から楽しみにしております。

 

 

● イッタラGINZA

  ご参加の皆さまがいらっしゃる前の風景

 

● 北海道立北方民族博物館

  ロビーにある美しいステンドグラス

 

爽やかな空間演出を

「 marimalli helpompi 」
「 marimalli helpompi 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道もようやく

緑の美しい季節が

やってきました。

 

カーテンを

涼やかなものに

替えてみたり

窓辺に美しく映える

ガラスのオブジェを

並べたり…

 

グリーンのマリマリも

お部屋の

アクセントとして

楽しんでもらえたらと

思います。

 

 

ヘンティネン クミ先生著 「北欧フィンランドのフラワーデザイン」

4月24日六耀社より「 森の植物が教えてくれた 北欧フィンランドの

フラワーデザイン 」が出版されます。

 

日本で北欧フラワーデザインを広く指導されていらっしゃる第一人者、ヘンティネンクミ先生。フィンランドの神秘的な自然から学ばれたフラワーデザインのアイデアが盛りだくさんのとても素敵なご本が出版されます。

 

あるご縁よりクミ先生と交流があり、このご本にヒンメリをご紹介頂きました。また、ヒアシンスのアレンジページ写真にはヒンメリ作品も飾られています。美しい写真はフラワーアレンジばかりではなく、フィンランドの様々な世界も紹介した内容となっています。見ていて本当に楽しいご本ですのでぜひお手に取って頂けたらと思います。

六耀社「 森の植物が教えてくれた 北欧フィンランドのフラワーデザイン 」

 

 

函館元町 ギャラリー村岡

ワークショップにご参加頂いた皆さま

ありがとうございました。

 

ワークショップ前日に降った雪でお足もとの悪い中をご参加頂きました皆さま本当にありがとうございました。ヒンメリ作りのほか、フィンランドの暮らしや本国の作家さんとの交流などを写真を交えご紹介を致しました。少しでもフィンランドスタイルを感じて頂けましたら嬉しいです。

 

またギャラリーではたくさんの方とお話しすることが出来とても楽しい2日間でした。 皆様、次回もお目にかかれま

すことを心から楽しみにしております。

 

JRタワー スクエアスタイル 2014年1月号

リレーフォトエッセイ「カメラ語り」vol.58 UUSIVUOSI/新年

 

JRタワースクエアカード会員様向けの月刊情報誌「JR TOWER SQUARE STYLE」に文章を書かせて頂きました。

 

1月号ということもあり、私自身 2014年をどんな年にしたいかを考える良い時間を頂きました。フィンランドで過ごしていた日々で体験したこと、そして考えていたことが時を経て今に繋がっています。

新しいフィールドに踏み出すきっかけとなる旅とは知らずに訪れたこの国は、いまかけがえのない場所となりました。出会った時から変わらずに親しくしてくれる人々がいることも、私にとっては大きな喜びです。

 

▼2013年

GOOD NEWS Sapporo

クリスマスマーケットが始まりました。

 

11月9日(土)よりGOOD NEWS Sapporo さんではワクワクするようなクリスマスグッズが店内にたくさん並びました。それにあわせてヒンメリを2点飾らせて頂いております。

 

カフェに下がっているヒンメリは暖かなストーブの横でゆったりと揺れています。クリスマスデコレーションで飾られた空間でのお食事やお茶は、北欧で過ごす冬の時間そのものです。

昨日ヒンメリを設置した後 Breakfastを頂きました。北欧を旅した経験のある方なら、現地のことを思い出されるのでは。また北欧に興味のある方にもぜひオススメです。ヒンメリのある風景をこの機会に楽しんで下さい。

 

 

イッタラGINZA

ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!

 

台風の影響を心配しながらのワークショップ開催でしたが、お足もとの悪い中をご参加頂きました皆さま本当にありがとうございました。今回制作のヒンメリは2つのヒンメリどうしが交差するデザインで、複雑な要素もありましたが皆様しっかり2時間の中で完成されていらっしゃいました。

 

持ち帰られたヒンメリがお家で飾られていること、そして麦のことも含めヒンメリのストーリーをどなたかにお話し頂いていることなどを想像しますと、嬉しい気持ちで満たされます。 ありがとうございました。

 

 

イルムス 札幌

ワークショップにご参加頂いた皆さまありがとうございました。

 

札幌では初めて「marimalli」(マリマリ)シリーズのワークショップをイルムス札幌さんにて開催致しました。皆さんおウチで飾られる marimalli をイメージをしながら、糸やフェルトボールのカラーコーディネイトを楽しんでいらっしゃいました。

 

ティータイムには、イルムス札幌さんから紅茶とともにフィンランドのキャンデーやクッキーをお出し頂きフィンランドの食べ物のことや習慣についてのおしゃべりもとても楽しい時間でした。ものづくりをしていて穏やかに流れていく時間が大好きです。そんな時をご参加頂いた皆様と共有できたことをとても嬉しく思っています。

 

皆様、またお目にかかれますことを心から楽しみにしております。

 

 

2013年の麦

今年の北海道は春が遅く麦の種をいつ蒔いたら良いのか、ずいぶん迷いました。天気予報を毎日確認し、祈るような気持ちで作業を始めました。 1週間後には元気に発芽していて、その後は天候にも恵まれお花が咲き始めました。

 

風に揺れる麦たちは緑の波のようで、とても綺麗です。もう少ししたら刈り取りの時期が来ます。秋のワークショップでは、この収穫した麦わらでヒンメリを作って頂こうと大切に育てています。

 

安心できる麦わらで、ものづくりを楽しんでもらうため今年も無農薬で作っています。大変なこともありますが、やはり譲れないことだと思っています。乾燥した麦わらはとても良い香りがするのをご存じですか? ワークショップの時は麦の穂がついた麦わらのブーケを作り持参し、ご参加の皆さんにその香りも体験して頂いています。 無農薬で自分が作った麦だからこそ、「どうぞ試してみて下さい」とおすすめ出来ると思っています。

 

イッタラGINZA

ワークショップにご参加頂いた皆さまありがとうございました。


2013年、新しいモデルのヒンメリを発表しました。「marimalli」(マリマリ)と ネーミングしたカラフルでポップなこのヒンメリの

お披露目も兼ねて、イッタラGINZAさんがワークショップに呼んで下さいました。色とりどりのフェルトボールや糸を思い思いにコーディネイトし、ご自分だけの「 marimalli 」を作って頂きました。

 

飾るお部屋のイメージに合わせフェルトボールを何度も選びなおしたり、この「marimalli」ワークショップでは、 迷う楽しさも手伝い2時間の作業時間はあっという間に過ぎていきます。 今回もたくさんの方々と「ヒンメリの時間」を共有できたことをとても嬉しく思っております。 皆様、本当にありがとうございました。

 

次回は、私が育て収穫する麦わらを使って伝統的なヒンメリを作るワークショップを予定していますので、またお会いできますことを心から楽しみにしております!

 

 

 

函館元町 ギャラリー村岡

教会や歴史的建造物が点在する元町地区。ハリストス正教会や石畳の道はヘルシンキ大聖堂やウスペンスキー寺院周辺のヘルシンキの街を思い出せてくれます。さらに歩いていくと聖ヨハネ教会隣りに、ギャラリー村岡さんというとても素敵なギャラリーに出会いました。オーナーの方とお話することができ、 ヒンメリを1点展示させて頂くことになりました。ギャラリーオーナーの村岡さんは、函館の歴史や文化についてとても興味深いお話をして下さいます。

 

私が生まれ育ったこの街の魅力を、あらためて実感することが出来た素晴らしい出会いでもありました。

 

日曜日の朝教会の鐘が響きわたる元町のギャラリーで、優しく揺れているヒンメリを想像するだけで幸せな気持ちになります。函館へご旅行の際は、ぜひお立ち寄り下さい。

 

ギャラリー村岡 HP

〒040-0054 函館市元町2-7 10:00-19:00 水曜定休

 

函館のイメージ写真 / 函館フォト・コレクション さん HP

今回ご厚意により素敵な写真をご提供頂きました。

Webサイトではさらにたくさんの写真がご覧頂けます。

 

 

 

 

イルムス 札幌

イルムス札幌のHimmeli

 

ご厚意により2009年からずっとヒンメリ作品を展示させて頂いており、東京・神戸で展示していたヒンメリを再アレンジし先日よりウィンドウディスプレイなどに飾らせて頂いております。このデザインのヒンメリは北海道では初めての展示となります。

 

また、店内はスカンジナビアモダンをコンセプトとした暮らしを楽しむ様々な商品を扱っていて、marimekko のテキスタイルや雑貨、aarikka・artekなどフィンランドブランドのショッピングも楽しめます。お近くにお出かけの際はぜひお立ち寄り下さい。

 

北欧家具とのコンビネーションは、生活の中のヒンメリのイメージを体感頂けるのではと思っております。店内でゆったりと回るヒンメリをどうぞお楽しみ下さい!

 

イルムス札幌

〒060-0003 札幌市中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル

商業棟 2F   MAP

 

兵庫県立美術館

フィンランドのくらしとデザイン  -ムーミンが住む森の生活 

 

1月10日より開幕したこの展覧会は、昨年4月青森県立美術館から始まり全国を巡回し、この兵庫県立美術館が最終会場です。

 

関西では初のフィンランド展だそうで、たくさんの方々にフィンランドの魅力を感じて頂けると嬉しいなと思っています。その会場の特設ショップ内に4点のHIMMELIを飾らせて頂くことになりました。artekのテキスタイル SIENAと並ぶヒンメリたち。フィンランドのプロダクツやグッズが埋める空間の天井にゆったりと下がっています。

 

フィンランドのくらしとデザイン -ムーミンが住む森の生活 展
期間:2013.01.10-2013.03.10 

会場:兵庫県立美術館

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号

 

 

 

石本藤雄展にて

石本藤雄展  布と陶  -冬-

 

12月12日(水)より開催中の石本藤雄展に行ってきました。 会場に石本さん御本人がいらっしゃっていて、直接お話しをさせて頂くことが出来ました。憧れの石本さんに私が制作したヒンメリ作品のフォトブックを見て頂きました。 白樺林を背景撮ったヒンメリのページで手を止め、「  いいね。」と仰って頂きました。

 

麦わらでつくるヒンメリ、フィンランドで伝統的に作られているやり方を私の先生である Seija さんや本国の作家さんから学びま

した。そしてそれは、現在も進行中です。フィンランドのスタイルをお手本として、自分らしいスタンスでこれからもヒンメリを作っていきたいと思っています。 石本さんとお話しをさせて頂き、あらためて思いを強くしています。

 

石本藤雄展 布と陶 -冬-
期間:2012.12.12-2013.01.14   11:00-20:00

会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

 

 

▼2012年

帝国ホテルプラザ 東京

Himmeliと森の家

 

帝国ホテルプラザさんの「フィンランドのクリスマス〜大切な人と過ごす「森の家」のクリスマス〜」というクリスマスフェアの企画で、お仕事をさせて頂ました。

 

縦に長いタイプのヒンメリ3点制作。1点2m50cmほどあります。おつきあいがあるフィンランドの作家さんから見せて頂いた古くからあるデザインのヒンメリを参考にしながら、各パーツは自分が好きなフォルムになるよう1つ1つバランスをみてデザインを考えて制作。大きいヒンメリには太めの藁を用い、繰り返し繋げている小さいパーツには細い藁を、と使い分けしています。ダイナミックさと繊細さの両方を感じて頂けましたら嬉しいです。

 

森の家は、フィンランドのくらしとデザイン ームーミンが住む森の生活 展で製作された森の家のクリスマスバージョンです。

イッタラGINZA

ワークショップにご参加頂いた皆さまありがとうございました。


2日間に渡りたくさんの方々にお会いでき、とても楽しいワークショップとなりました。  昨年に引き続きご参加頂いた方もいら

っしゃって嬉しい気持ちでいっぱいでした。  おうちで飾られて

いるヒンメリのお話しを伺うことも楽しく、「ヒンメリのある風景」と暮らすライフスタイルを共有できることに嬉しさを感じました。  次回またお会いできますことを楽しみにしております。新しいデザインのヒンメリでワークショップを企画していますのでご期待下さい! 皆様、本当にありがとうございました。

 

イッタラGINZAさんにディスプレイされているヒンメリは白樺と一緒に飾られています。店内は今、クリスマスシーズンのアイテムが素敵にコーディネイトされてフィンランドのクリスマスを感じて頂けますよ。 帝国ホテルプラザのお仕事の時もご一緒になり、楽しかったです。森の家には、たくさんのイッタラの商品がディスプレイされていますので、 SHOPとともに両方を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

Töölö

TöölöさんのBLOGより
TöölöさんのBLOGより

ヨハンナ・グリクセンとHimmeli

 

フィンランドを代表するテキスタイルブランド、ヨハンナ・グリクセン。 Töölöさんは神戸海岸通にある、このヨハンナ・グリクセンの日本のフラッグシップ店です。

 

ご縁がありヒンメリをディスプレイさせて頂きました。想いを共有できる方々との出会いは、かけがえのないものです。そう実感させられる2012年の冬を過ごしています。

 

 

←back

 

 

Copyright © Himmelin-aika All Rights Reserved.